自動車事故発生した状態で自らが自動車の事故の被害者であったとしても相手がミスを一切受容しないという事例はかなり存在します。一例として、意思と関係して起こしたかったのではなく注意不足で乗用車を追突した状況などにそういった水掛け論にうつってしまう状況がないとは言えません。そうであっても現場で自動車だけの交通事故処理されて、数ヵ月後に自覚症状が出た際に診てもらった病院の証拠となる診断書提出するということは後手に回るのはしょうがなくなってしまいます。それなら自動車事故の過失割合の認定にはどういう目処が決まっているのでしょうか?正確に言えば、警察署が決定するのは自動車事故の原因があるのはどちらのドライバーかということであって、過失の割合がどうなのかということではないのです。その上、最終的に決定された事故の過失者が警察署から公表されるという事は有り得ません。ですので、過失の割合は事故にあった両者のやり取りの結果に応じて決定されそれが事故の賠償の算定の根拠です。この場合、共に任意の保険に加入していなかった場面では双方が直接協議するしかありません。しかし、当然の事ながらこういった協議では、短絡的なやり合いになる状況が高いです。まして、お互いの意見にギャップがあれば万一の場合、裁判沙汰にまで突入しますが、多くの時間と訴訟費用かなりのマイナスです。そこで普通は、それぞれの運転手に付随する自動車保険会社、そういった互いの保険の会社に話し合いを全て任せる手法を用い、相当などちらに何割過失があるのかを落ち着いて決めさせるのです。その際、自動車の保険会社はそれまでに起こった車の事故の係争の判断から算定した判断基準、判断例などを土台として推計と相談をして過失の割合を計算します。と言いつつも自動車の事故の場合では、不幸にも関わってしまったのか起こしてしまったのかに関わらず、真っ先に警察に電話するのが鉄則です。その上で、自動車の保険会社に連絡をしてその後の話し合いを任せるのが手順となります。手続きさえ知っておけば、互いの無駄な交渉となる状態を回避できます。

Copyright © 2002 www.assoshotel-istanbul.com All Rights Reserved.