とうとうエントリーする時という局面では始めに事前対策をおろそかにしてはいけません。トレードを行う前であるならば物事を落ち着いて見つめる事ができるゆとりがあります。しかし、ひとたび取引の内側へ入ってしまうとどう工夫しても物の見方が自分勝手なものになってしまい状況によってはしっかりとした判断が分からなくなる不安があります。だから己の精神が論理的な時に適切に事前準備をしておくことが大切なのだ。”準備”のためには、はじめは台本を描くことからスタートします。今からのこの通貨はこうなるだろうからユーロを売買するみたいな自分なりの脚本を書いていきます。次に大切なのはチャートを確認しましょう。相場の上げ下げを見て、現時点での価格を調べます。そうすれば、「現在はかなり低すぎる水準にある」もしくは「とっくに多数の方が取引しているから今から自分か買い(または売り)してももうやりようがない」などと判断できます。言うまでも無くもう売り(または買い)するが間に合わないなと思っていたら、それはきっぱりと諦めることが肝心。無理にあなたなりの筋書きを押し通そうとして無理に売買するとマーケットに押し返されて、逆に損害を受けることになりかねない。もっともたいがいのケースで準備万端の物語を作り上げているとすれば、エントリーが遅いなという状況にはならないだろう。おそらく、リアルに為替相場が変化する前の状態のはずだからです。次は、とりあえず取引しようと思っている売買ポジションの変動をちゃんと調べる事が不可欠です。例としてドル高に向うと予想する筋書きを作ったのであれば、ドル円の変化に注目する事が大切です。市場の上下動を注視し始めた場面では、その通貨は動く気配を見せず、わずかな上下動をしているだけでしょう。だけど、その推移をじっくりとチェックしていると、ある地点でじわじわと、円安の方向へと相場が動き始めてくる。ここでいよいよドルのエントリーします。普通、そこまで慎重に事前の準備さえしておけば、その売り買いで儲ける確率は比較的高まるはずだ。

Copyright © 2002 www.assoshotel-istanbul.com All Rights Reserved.