いよいよ投資すると時という段階では、まずは事前準備を横着してはいけません。売買を行う前であるとすれば、物事を理性的に調査する事ができるゆとりがあります。だがしかし、いったんトレードの内部へ飛び込んでしまうと、どうあがいても考え方が主観的になる場合があり、往々にして真っ当な判断が分からなくなるリスクがあります。それゆえに己の頭が客観的な状況で、しっかりと事前準備をしておくことが必要です。”事前準備”とは、あなただけの台本を考える事からスタートします。将来の投資状況はああだから、ユーロをエントリーするというふうに台本を書いていきます。次に大事なのは時間足チャートを調べましょう。それまでの為替相場の値動きをチェックして現時点の価格を確かめます。そうすると、「今現在はかなり安すぎる場面にある」など、他には「今となっては大方の投資家が仕かけているからこれから自分が売り(または買い)してもなすすべがない」ということが判断できます。当たり前ですがすでにエントリーするのが遅いと思っていたら売買しないで、この状況では潔くあきらめることか大切です。どう試みても自らの脚本を引き下げないで取引すると、外国為替市場に跳ね返されてしまいむしろ損害を受けることになる危険があります。とは言うもののかなりの場合では準備が整った自分自身のストーリー展開を思い描いていくと買い(または売り)がやりようがないという状況にはならないと思います。大方、実際に外国為替市場が動き出す前の状況のはずだからです。次は、まずは自身が注文しようと決めている売買ポジションの変動を正確に確かめる事が必要です。ドル高になるであろうという物語を記したのであればドル円の変化に注意を払っておきます。市場の推移を注視し始めたばかりではまだ該当の外貨は目立って動く兆候を見せることはなく、上がったり下がったり細かい変動を繰り返しているだけだろう。ところが、その上げ下げをちゃんと見ているとある場面で着実に、ドル高の方向へと外国為替相場が向い始めます。この状況でようやく、ドル買いの取引します。通常は、計画的に用意をやっておけば、そのトレードで勝利する割合は高くなります。

Copyright © 2002 www.assoshotel-istanbul.com All Rights Reserved.